このエントリーをはてなブックマークに追加

転職に追い風!ということでたくさんの求人があふれている保育士求人サイト。みていると、ほんとうに魅力的な求人が多いですよね。 けれど、私は性格が悪いので「絶対なにか裏がある・・・」と勘ぐってしまいます。そして、実際に「聞いていた話とちがう!」と怒っている友人の話も知っています。 今日は、そんな目にあわないために、保育士求人の中からブラックな求人を見抜くコツというのをご紹介いたします。

悪質な求人サイトにかいてある嘘

保育士の求人サイトによっては、すごく好待遇なものが乗っているサイトがあります。ほんとにこんなものがあるのだろうかと思ってしまうような求人もありますね。 もちろん、本当に直接ヒアリングした優良求人のみを掲載している保育士求人サイトさんもありますが、すべてのサイトがそうであるというわけではありません。 それでは、今求人サイトに溢れているたくさんの求人の中から、ブラックな求人を見抜くコツというのをお伝えいたします。

見抜くポイントは2つ

残業の記載のしかた

まず1つは残業の記載の方法についてです。 「残業があります!」と明言している保育園はないと思います。誰だって普通は、定時になったら家に帰って自分のために時間を使いたいものです。 実は、残業があるかどうかを見抜くのは実はお給料のところに記載されています。 お給料のところに「みなし残業手当」や「固定残業手当」というのが書いてあったら要注意です。 もちろん例外もあるのですが、「みなし残業手当」や「固定残業手当」と書いてある保育園は、ある程度残業が発生している保育園がほとんどです。 また中には、「みなし残業手当」や「固定残業手当」と書いてあるからといって、どれだけたくさんの作業してもこれだけしかお給料払わないよー!と言ったブラックの保育園もあります。 残業が少し多めでも、その分残業代がもらえるのであれば頑張れる!と言う方もいますが、残業代も出ないのに長い時間働けるのをうれしいと感じる方はいませんよね。保育士求人の情報サイトに載っていないのであれば、転職支援のサイトのコンサルタントの方に相談するなどして、事前にお給料の詳細について確かめておきましょう。

試用期間の長さと待遇

2つ目は試用期間についてです。 保育園に限らずどこの業界でもそうですが、入社後ある程度の期間を試用期間と設け、その期間は雇用形態や給与システムが異なるという保育園があります。 給料が少し下がるという程度であれば一般的なことですが、雇用形態まで違う、お給料が大幅に下がってしまうと言う場合は注意しましょう。 試用期間中の雇用形態が「有期」の期間限定のものである場合、雇用契約が更新されずにそのまま契約終了となってしまうということもあります。 そうなると安いお給料で働いた時間だけ無駄になってしまいますよね。 そんな悔しい思いをしないよう、事前に試用期間について、待遇や条件などを確認しておきましょう。

著者

九州地方に住んでいます。昼間は保育士、空き時間をつかってブロガーとして仕事をしています! 現役保育士さん、保育士を目指す学生さん、保育士としての復帰を考えている元保育士さんに有益な情報を発信していきます★ 一緒に保育業界をもりあげていきましょうっ! このブログで参考にしている先輩保育士の保育園情報のように有益な情報をどんどん発信していきたいと思っています。

 

まとめ

いかがでしたか? 実は試用期間について、実際にトラブルを経験したことがあります。 面接時は正社員での雇用契約という約束でしたが、実際に契約書をみると、試用期間はパート扱いで安い時給になっているという形でした。 現在は保育士の待遇もかなり改善されてきていて、お給料が高かったり希望の条件で働けるといった求人もかなりたくさん現れています。 不利な条件で仕方なく働くということがないよう、いろんな求人を比較して検討してましょう。

Comment





   

Archive

Selected Entry