このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、前々回は、保育士に人気の副業をご紹介しました。お金がてにはいる副業ですが、もちろんデメリットもあります。やり方を間違えると、トラブルになることもあります。しっかり確認しておきましょう。

ダブルワーク生活で大変になること

日中は保育園、でも夜は別の仕事をするという生活では、休める時間が少なく体力的にも厳しいと言えるのではないでしょうか。実際に副業をしている保育士たちは、どのような悩みを抱えていたのでしょうか?

◆不足がちな睡眠時間

夜の副業をしている場合、当然ですが削られるのは睡眠時間です。翌日が早番であれば、朝7時には出勤することになり、体力的にギリギリの状態になることもあります。睡眠不足で注意散漫の状態で子どもたちの命を預かることは、いうまでもなく非常に危険なことです。 副業をするときには、働く時間だけでなく、「自分が休む時間」をしっかりと考えながら行うことを心がけましょう。

◆継続することが難しい

副業に取り組むタイミングや作業量を自由に決めやすいのが、在宅ワークのメリットでもあります。しかし、朝から晩まで保育士として働いた後に、「さて、がんばるぞ!」ともう一度気合を入れ直して副業に取り掛かるのは、意外に難しいものです。したがって、長く在宅ワークを続けることができずに辞めてしまうことも意外に多いといいます。 それを踏まえると、はじめる前から「1か月限定」というように、短期間だけ働くことを意識して副業をすることは、アリな戦略でしょう。遠足や発表会など、行事と副業が重なるタイミングは副業でも無理はせず、時間的な余裕があるときだけを取り組むことも賢い方法と言えるのではないでしょうか。

◆本業に迷惑をかける可能性も

居酒屋などで早朝5時まで働いたあと、疲れた身体を少しだけ休めようと家で仮眠したあとに8時から出勤…、のつもりが寝坊してしまった!というトラブルは少なからず怒るものです。他にも、副業の内容によっては、保護者にバレてしまったときに、自分だけでなく園のイメージダウンにつながる恐れもあります。 忘れてはならないのが、優先すべきはあくまでも本業だということです。保育園に迷惑をかける可能性がある副業であれば、見直すことも考慮しておきましょう。

◆体調を崩した

オーバーワークで体調を崩す人は、想像以上に多いものです。保育士の仕事だけでもハードですから、さらに別の仕事までとなると、体力の限界を常に超えながら働き続けることになります。 健康は、保育士として必要な資質です。副業をやりすぎたことで体調を崩してしまったことは、とても勤め先の園にいえないはずです。体調を崩すことは「自業自得」だというひともいますが、副業せざるを得ない保育士の悲しい現実の一端でもあります。 自分の健康は、自分で守る意識を持つようにしましょう。

著者

九州地方に住んでいます。昼間は保育士、空き時間をつかってブロガーとして仕事をしています! 現役保育士さん、保育士を目指す学生さん、保育士としての復帰を考えている元保育士さんに有益な情報を発信していきます★ 一緒に保育業界をもりあげていきましょうっ!

まとめ

副業したい!という人は多いですが、やはりデメリットを考えるとやりづらい・・・となりますよね。特に、副業なのに本業の妨げになることは避けたいものです。副業をするときは、収入面だけでなく、自分の体力や状況に合ったものを考えて選ぶようにしましょう! 次回は「保育園では副業をしてもいいのか?」ということについてご紹介いたしますっ!

Comment





   

Archive

Selected Entry